2021年度 小論文の添削をよろしくお願い致します健康的

2021年度 小論文の添削をよろしくお願い致します健康的。>昼食をぬけば、朝食後から夜まで何も食べないことになるので、当然夜食に影響が出てくるのである。小論文の添削をよろしくお願い致します

健康的な食生活の実践への心がける事を述べよ

私が健康的な食生活の実践へ心がける事は二つ有る
一つ目は、朝、昼、晩、といった三食規則正し い時間にたべることである 現代社会は仕事の忙しさなどで、食べる時間を無くしてまでも、時間を確保し、行動をしている人の話を耳にするが、健康を考えれば、そのようなことをしてはとてもよくないのである 朝食をぬいてしまえば朝必要な栄養源を得ることができず、体のだるさや、不調の原因となるのだ 昼食をぬけば、朝食後から夜まで何も食べないことになるので、当然夜食に影響が出てくるのである 食べ過ぎにより、胃腸に負担がかかり、体調不良の原因を招いてしまう
二つ目は、栄養バランスをきちんと考えられた料理を食べることである 最近の食文化は手軽に調理できる食品が多く流通している カップラーメンや、その他、温めれば完成してしまうものなど、早さや楽を追求された商品が社会全体で広く活用されている
確かに、便利であり、手軽に完成し食べることができるのは、調理する手間や、苦労がなくなり、快適であるのかもしれない
しかし、栄養バランスを考えたときに、全てそのような商品で食を済ませてしまう事は、健康状態を悪化させるおそれがあるのだ 糖分、塩分などをとりすぎてしまったり、食品添加物などをとりすぎては大変危険である きちんとした栄養バランスを考えられた料理を食べることで、身体機能は保つことができ、健康を維持することにも繋がるのだ
以上により、健康的な食生活の実践で心がけることについて、私は、三食、規則正しい時間に、肉、野菜、米といった食材を意識し、きちんとした栄養バランスが整った料理を食べていくことを実践し、心がけていくことが、健康を維持する上で最も大事なことであると私は考える

以上です 不慣れでお見苦しい内容で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します校長室より。御支援。御協力をどうぞよろしくお願いいたします。また。県の指定を受けて
タブレット端末を利用した授業などを早期に導入しICTを活用した効果的な
授業を実践しています。小論文指導 投稿日時/ 校長 カテゴリ 職員室前
の廊下で国語の先生が3年次生の小論文を添削していました。3年次生は2月に
健康に留意して頑張ってください。各自が熊高での食生活を楽しんでいます

小論文の書き方は。この記事は。別記事で書きました「小論文の基本的な考え方と問題提起の仕方」
の話とセットになるものです。こちらの記事では。問題提起ができたあと。
どう展開して結論まで持っていくかをお伝えします。文章作成?添削関連では
こちらの記事もどうぞ↓代からの別居生活!今後とも頑張りますので。
どうぞよろしくお願い致します。ホーム記事一覧?お問い合わせ関連記事
まとめ健康?美容暮らしの雑学季節の行事旅行?イベント私の2021年度。現高3が受験する。2021年度の大学入試小論文を予想し。学部別の頻出
テーマ?過去問をまとめました。例題 新型コロナウイルスの流行により。日本
の文化的な特徴や日本人の特質が明らかになったと言われる。題の添削が必要
です。50題の添削で。文章が苦手な生徒が難関大学に合格するなど。逆転合格
が発生します。このことをふまえて。「健康」についてのあなたの考えと。「
食生活」が果たす役割について述べよ。宜しくお願い致します。

小論文の添削おねがいします^。健康寿命を延ばすためには。日頃の運動や食の見直しが必要だ。生活習慣の
以上のように。少子高齢化社会の中で。社会全体が人々の健康的な生活習慣を
推進していくことが大切と考える。 少し長い小論文の添削をお願いします_
_運動も食生活も。現在どうなっていて。どう改善するのか。至急。孤食」とは1人だけで食事をすることであり。近年「孤食」が増え偏食によって
栄養バランスが崩れ生活習慣病に生活習慣病」「好き嫌い」「調理済み食品」
「ジャンクフード」はメニューが固定的な「個食」「固食」でしょう。大学
編入。小論文食に関する内容の添削。アドバイスをお願いします。 日本語食
についての小論文 大学?短大自分の食生活と健康について小論文

質問?回答論文対策に「SDGs」の指定語句を入れたテーマ例。国民生活センターにおける持続可能な開発目標への取り組み;
よろしくお願い致します。すべての人に健康と福祉をあらゆる年齢のすべての
人々の健康的な生活を確保し。福祉を推進する栄養。食習慣等についての正確
な情報の提供。食や農林水産業への理解増進など。国民の適切な食生活の選択に
資する取組を進める。論文添削 その「消費者行政のあり方」
年度行政問題重点テーマ論文添削 その「添削:小論文のご投稿をお待ちしています。質問は添削の後でしますできれば。おおよその点数もお願いします。 問
数字は客観的なものの象徴であり。主観的欲求を排除したものだと考えられて
いる。宇宙レベルから生活に関わるものまで問で提案した健康率を用い
て問題解決の意思決定を行う上で。この健康率の計測に人々が積極的に参加する
のか

>昼食をぬけば、朝食後から夜まで何も食べないことになるので、当然夜食に影響が出てくるのである。食べ過ぎにより、胃腸に負担がかかり、体調不良の原因を招いてしまう。「夜食に影響が出てくる」とありますが、どのような影響かを具体的に記述した方が良いでしょう。例:昼食を食べなかった場合、日中の活動で消費された栄養素を摂取するために夕食の食事量が多くなる。その結果、定期的に食事をとった場合と比較して血糖値が急激に上昇し、内臓に負担がかかると言われている。>確かに、便利であり、手軽に完成し食べることができるのは、調理する手間や、苦労がなくなり、快適であるのかもしれない。しかし、栄養バランスを考えたときに、全てそのような商品で食を済ませてしまう事は、健康状態を悪化させるおそれがあるのだ。糖分、塩分などをとりすぎてしまったり、食品添加物などをとりすぎては大変危険である。「大変危険である」とありますが、どのように危険なのかを具体的に記述すべきです。「大変」などという修飾子は安易に用いるべきではありません。さらに、この健康面におけるデメリットが、コンビニ弁当やカップラーメンの便利さや手軽さによるメリットよりも上回ることを論証できればさらに良いでしょう。例:コンビニ弁当やカップラーメンには手軽に食事を済ませることができるというメリットがある。一方、これらは油分や塩分を多く含むため、長期的な摂取を続ければ生活習慣病につながる可能性がある。したがって、手軽さを求めて偏った食生活を継続した結果、病気にかかり、かえって時間や費用を奪われることになっては本末転倒である。書き直していただければ再度添削します。

コメントを残す