[2020年版] ヨーロッパ古着の日本への転売と郵送方法

[2020年版] ヨーロッパ古着の日本への転売と郵送方法。yrc********さん日本に届いた際の日本の関税に絞ってお話しますが、う~~ん、通関士さんとのことですがどうも的に当たっていないような…まず、送る商品は「古着」ですね。ヨーロッパ古着の日本への転売と郵送方法と関税について

こんにちは 私は現在ドイツに住んでいるものです 副業としてヨーロッパで仕入れた古着や雑貨をBASEなどのECサイトサービスを使ってネット販売するビジネスを考えています
今までこのようなビジネスを行ったことは無く、販売方法、特に郵送方法とその経費について
詳しく知りたいです
郵送方法としては扱おうと思っている商品が概ね1kg以下になるので、DHLのBrief(手紙)を使って送りたいと思います
以下質問です
1 Zollinhaltserkl?rung(税関告知書)の書き方ですが、Geschenk(贈り物)として送って問題ないのでしょうか
2 料金については日本への販売価格ではなく現地での仕入れ価格を記入すべきですか 後者の方が関税が安くなると思われますが、購入者に仕入れ価格が知られてしまうかと思います 購入者に仕入れ価格が知られない方法はありますか
3 関税は必ず請求されますか もし必ずではない場合、どのくらいの確率で請求されますか また請求される確率を下げることはできますか
4 関税?税金を元払いで支払おうと思うのですが、どのような手続きが必要ですか DHLで発送の際に伝えれば大丈夫でしょうか

最後にこのようなビジネスを行っている方、アドバイス等宜しくお願いします 個人輸入の関税の基本を解説。個人輸入の関税計算の基本となる対象金額や税率のしくみ。支払い方法を解説し
ます。関税の「個人輸入」の特例課税対象価格」=商品代金+輸入にかかる
保険料+日本までの運送料いわゆる価格 この「課税対象

よくある質問とその回答。答日本郵便株から通関のために税関に通知された輸入郵便物のほとんどは
。直ちに通関検査が終了し。日本郵便株に引き渡されますが。課税の対象と
なるものや輸入が制限又は禁止されている物品に該当する恐れのあるもの
について日本の商品を海外に売るおもしろさ。このブログでは。インターネット経由で日本の商品を海外に売る為の方法
についてまとめています。その場合。インターネットの越境を通じて買う
よりも現地で直接買った方が安いケースが送料や関税も含めて[2020年版]。バイマで商品を購入する人も販売する人も関税については「知らない」
「よく分からない」という方も多いのでは […]日本では「関税定率法」という
法律により規定されており。実際の輸入時には。商品の原産地。素材。価格。
数量等により税率や税額が細かく異なります。通常配送方法を見れば郵便局や
ヤマトを利用した配送方法になっているので見分けが付きます。

日本にいながら海外の現地価格で購入。海外で直接ブランド品を買うと。日本に輸入するための関税や運送費が
かからないのでその分かなり安くブランド品が日本にいながら現地価格で
ブランド品を購入する方法は。直接現地のショップから購入することです。
は海外から個人輸入した商品を転売していることがほとんどで。その購入
にあたりを使って仕入れていること例えばヨーロッパからの配送だと
ヶ月とか待たされるんじゃないかという不安があるかもしれませんが。週間以内
には届きます。海外から日本へ商品を仕入れる「輸入ビジネス」の始め方。インドミャンマーバングラデシュカンボジアモンゴルその他アジア
イギリスドイツトルコヨーロッパ海外から日本へ商品?商材を仕入れる「
輸入販売ビジネス」を始める際の基礎知識について解説します。しかし
シンプルといっても。海外の仕入れ先とのやりとりが発生するビジネスなので。
日本におけるいわゆる〝せどり?や〝転売?とは具体的には。関税の計算方法
。関税と関税率の種類について。さらには日本の関税率は何によって決まって
いるのか?

超重要。居住地から海外に転売することを輸出と言う; 海外へネット転売する際の
関税について。 1。海外特有のニーズがあるので利益がっぽり; 2。
日本の経済縮小を見据え。海外の経済発展を国にもよりますが。経験上。南米
。一部ヨーロッパなどメルカリで服古着を転売して利益10万を稼ぐ時に
私がやったこと全て仕入れ方法を稼げるまで指導しています。古着の輸入を始めよう。この記事では。関税。消費税。仕入れ方法。オンラインサイト。古着の知識。
コツ。現地からの買い付けや輸入代行などについて紹介をしています。コード
は。関税率は基本%。特恵配送方法は? 日本の関税は? などの古着の
輸入ビジネスの情報をまとめてみました。本記事は。冒頭で初心者向けの内容。
後半で。もう少し細かい情報をご紹介していジーンズ。革ジャン。アメリカ系
の衣類。ヨーロッパ系などです。まずは。扱う古着を決めましょう。

yrc********さん日本に届いた際の日本の関税に絞ってお話しますが、う~~ん、通関士さんとのことですがどうも的に当たっていないような…まず、送る商品は「古着」ですね?「雑貨」というのも蚤の市かなんかで仕入れた中古品ですか?また、古着であればよほどのビンテージ品でなければ、1回の販売価格は20万円以下ですよね?であれば、買った人が支払う税金は、先の回答者がお示しの表じゃなくて↓の表になるはずです。まず、1万円以下であれば、税金はかかりません。1万円~20万円であれば、↑のページの表で「衣類」の10%+消費税か、古着であれば「その他のもの」で5%+消費税かは確証がありません。プロの通関士さんであればこういった点についてスカッとした回答が欲しいものです。また、↑の簡易税率じゃない本来の税率は「中古の衣類」であれば5.8%+消費税のはずなので↓の一番下参照もし簡易税率が10%なら、本来の税率の5.8%を適用してもらった方が有利になるはずです。送り状に書く価格は市価=売値です。 貴方が例えば50ユーロで売るということはその商品の市価は50ユーロで、それを貴方がいくらで仕入れようと知ったことではありません。上のほうのURLのページで解説しているように、個人のお客が個人で使用するために輸入する場合の課税価格税率をかける基になる値段は、市価×0.6で計算しますから、売値を書いて購入者がかわいそうと思う必要はありません。なお、日本に届くおびただしい荷物や郵便を全部開けてチェックしているわけではないので、ご質問のように少量少額の場合は、スルーして来てしまう場合はある由です。通関士殿、この説明で間違っていますか?間違っていたら根拠をご教示ください。質問者さんはこれまでの質問はすべて放置されているようですが、ビジネス上のアドバイスをもらって何も言わないような方のビジネスが成功するとは思えないのですが…ドイツも日本も一般貨物石油や人工衛星の部品のような国の存立を左右する貨物ではない、民間用のありふれた商品のことに輸出関税を課しません。輸入品には関税を課税することがありますので、あなたの商取引で課税されるとすれば日本の輸入関税です。日本の関税の納税義務は輸入者にありますので、課税されるのを承知のうえで購入を決めますので、あなたが関税をまけてもらおうと画策したり払ったりする必要はありません。さいごに、私は通関士の資格を所持しています。

コメントを残す