2019年10月に介護報酬改定 2019年10月からの介

2019年10月に介護報酬改定 2019年10月からの介。福祉関係者です。2019年10月からの介護職員の処遇改善加算についての質問です

現在、某病院にて介護福祉士として働いています 勤続通算15年、介護福祉士として10年勤続 年収は総支給で530万円くらいにな ります

正直、介護福祉士としては一般の基準より多いのかなとは思ってますが、もらえるものはもらいたいという気持ちはあります

介護の月収がが8万円円あがると職場でも話が出ていますが、ほんとにそんなことになるのか と調べてみてだいたいのアウトラインはわかりました ただ、

施設ではなく病院職員も対象になるのか

改善後年収440万円云々という説明がありますが既にその基準を超えている自分は対象になるのか

どなたか詳しい方いたら教えて欲しいです 説明たりない部分は指摘していただければ答えますのでよろしくお願いします 2019年10月に介護報酬改定。年月には。消費税が%から%に引き上げられます。“年月。
消費税増税とともに介護報酬も改定”報酬体系を簡素化するために。加算される
単位数が減算される介護職員処遇改善加算ⅣとⅤは算定率が低く。改正により

介護職員特定処遇改善加算とは。更新 広報室 介護などの障害福祉サービスを利用する人の割合が
増える一方。現場を支える職員が不足しているという現状を受けて。新たに『
介護職員等特定処遇改善加算』が導入されました。これは。介護の現場で働く2019年10月からの特定処遇改善加算で。勤続年以上の介護福祉士がいなくとも。要件を満たせば特定処遇改善加算を
取得可 特定処遇改善加算は。従前の介護職員処遇改善加算-を取得して
いる介護サービス事業所介護報酬改定2019新たな「特定処遇改善加算」。公表した。今年月日から適用する。来年月の賃上げは。介護職員の
深刻な人手不足の解消につなげることが目的だ。大きな特徴は勤続年以上の
介護福祉士について平均で月万円の処遇改善を行う ? 。これが

介護職員等特定処遇改善加算と介護職員処遇改善加算はどう違う。こうした状況を改善するため。年月から。新たに介護職員等特定処遇改善
加算が創設されます。加算取得にはどのような要件があるのか。また既存の「
介護職員処遇改善加算」とはどんな違いがあるのか。詳しく解説

福祉関係者です。対象は介護保険施設の為、病院の介護職は対象とされません。療養型は介護保険サービスですので対象です。すでに基準を超えている場合でも対象にはなりますが、月額8万円以上又は年収440万以上を事業所毎1人以上の1人にはカウントされませんので、質問者様が介護保険施設の職員であった場合は、質問者様以外に上記の改善を1人以上行う必要があります。

コメントを残す