被害者病気もできない ジャパンライフの被害者って楽をして

被害者病気もできない ジャパンライフの被害者って楽をして。だました者が。ジャパンライフの被害者って、楽をして年6%の利益を貰えると欲をだしたから騙されたんですか
強欲な高齢者は自業自得ですか 6億円余回収も債権者への配当は困難。に聞く「国際協力」ってどんなことしてるの? 約束手形がなくなる!?被害者「病気もできない」。元会長らが逮捕されたジャパンライフは。磁気治療器の預託商法で主に高齢者
から巨額の資金を集めていた。被害者マネキン人形が着用しているのは磁気
ベストなど=18日午前。東京?霞が関の警視庁国民生活センターによると。
ジャパンライフに関する相談件数は過去10年間で3172件9月15日時点
。相談者の平均年齢は73.3歳で。70~80代が6割を占める。1年で3度の行政処分を受けたジャパンライフ。代わって。商品を販売し。購入者がその商品を拡販や宣伝して得られる利益
業務提供利益。販売価格の%をジャパンライフが渡すという業務提供誘引販売
を始めた。訪問販売や預託取引を止め。業務停止処分の影響を

だました者が 一番悪いのは間違いないですが、今どき6%なんかと言う美味しい話がある筈が有りません。 債権者会議では 被害者と言われている人達には 返金される程の金額は無い様です。 ある意味 可哀そうですが、自業自得と言われても 仕方が有りません。ジャパンライフの過去の悪質な業務実態を知っていれば、例え年利がもっと常識的なものであっても契約はしないはずです。6%というあり得ない利率を怪しいと思わなかった上に、契約する会社の事を調べもしなかったわけですから、自業自得と言われても仕方ないかもしれませんね。ちなみに被害者の方は高齢者だけでなく、30代~40代の方も多くいます。これは丁度親が定年を迎える世代で、その退職金目当てに契約を持ちかけてきます。契約すれば月々これだけの収入が入り続けるから、今仕事をやめても今後生活に困ることは無くなる、的な殺し文句が多いですね。我が家にも親の定年直後はしつこいくらい勧誘が来ていました。これは、下準備があって、地元のコミュニティを取り込みするために知人友人など利用して店舗まで越させていたようですよ。送迎サービスがあったり、お手伝いして信用度を上げる。 必ずしも勧誘者は店の人間ではなく、知人友人の場合もある。6%と言っても投資じゃなくて預託だから、17年も元取るのに時間がかかる。すると強欲なのは、業務提供誘引販売取引によりボーナス目当てで知人友人を勧誘した人間でしょう。もっと短い時間で回収できちゃいますから。そのような勧誘者は、被害者の会からは外されていますんで、実際に関わった人数はもっと多いのではないかと思われます。

コメントを残す