災害をもたらした気象事例平成元年~本年 大雨による被害が

災害をもたらした気象事例平成元年~本年 大雨による被害が。九州では、梅雨末期の大雨や台風の通過が当たり前の気象現象で、昨今ほどが当たり前なのです。大雨による被害が一番多い州は 本州 九州 四国 北海道で分けると

やたらと九州が大雨による被害が毎年のようにこの数年続いてます 昭和の頃から九州は現在と同じくらい毎年大雨による被害が出ていたのですか

もし違うのならどうして数年前から九州は大雨による被害が毎年続出するようになったのか教えてください 災害をもたらした気象事例平成元年~本年。発達した低気圧及び強い冬型の気圧配置に伴う大雪?暴風速報, 月日~月
日, 北日本から西日本の日本海側を中心に広い範囲で大雪?暴風。令和元年
房総半島台風台風第号による大雨。暴風等災害時気象報告
※, 月日~月日台風第号及び前線による大雨?暴風等速報, 月
日~月日, 南西諸島や西日本。北海道を中心に大雨や暴風となった。前線
。台風第16号, 9月日~9月日, 九州南部に上陸後。四国から本州中部へ。

九州では、梅雨末期の大雨や台風の通過が当たり前の気象現象で、昨今ほどが当たり前なのです。福岡市では7月になると博多祇園山笠が始まり、その前ごろから梅雨末期の大雨が降ることが多く、山笠が終わると同時に梅雨が明けると言われます。また昔は枕崎台風のように台風にも名前を冠されていましたが、最近は「令和●年●号台風」のように呼ばれるだけの事が多く記憶に残り難くなっています。そのような言い伝えや呼称変更の問題などが絡み、少しずつ記憶されないようになっているわけで、昔も今もそれほど大きく変わっているわけではありません。私が22歳の時には、長崎で400人死にましたよ。昔より小雨ですね。熊本県南部からでした。

コメントを残す