持ち込み規制 アメリカへの薬の持ち込みについて 在日米国

持ち込み規制 アメリカへの薬の持ち込みについて 在日米国。原文は「potentially。アメリカへの薬の持ち込みについて、
在日米国大使館のホームページに下記内容がありますか、
この『常習性のある』というのは
どういう意味でしょうか

【もし常習性のある薬物や麻薬( 例: 咳止め薬、精神安定剤、鎮静剤、睡眠薬、抗鬱剤、興奮剤)を持込む必要がある場合は以下の事をして下さい 】

『依存性がある』という意味か、
『毎日飲んでいる』という意味のどちらかだとは思いますが…皆さんの知恵を貸してください 持ち込み規制。日本へのペット。動物。植物。植物製品等の持ち込みについて 動物検疫所。動物
の医薬品。化粧品。医療機器等の日本への持ち込みについて 厚生労働省。
在日米国大使館?領事館 米国への持込品に関して 関連リンク

薬。タグ「薬」についてのよくある質問 米国への薬の持込について知りたい。 米国
への薬の持込については。以下の米国アメリカに処方薬を送ってもらうときは
。どのようにしたらよいでしょうか? 一般規則として。米食品医薬品局は処方薬米国への持込品に関して。大使館?領事館在日米国大使館在日米国政府機関の一覧米国
国土安全保障省 税関?国境取締局 米国への持込品に関して 米国への薬物
の持ち込みについて 海外旅行する際の薬の量の目安としては。必要以上あるいは生活?安全情報。アメリカ生活を始める方へバージニア州運転免許取得に際する日本の運転免許
の翻訳文書提出について
&#; 米国出入国について

原文は「potentially addictive」です。依存してしまう可能性がある成分を含む薬という意味です。こちらに英語の原文があります。依存性が生じ得る、という意味でしょう。例に上がっている薬は合法的に治療に用いられるものですが、連用により依存性が生じ得ます。それでも治療上のメリットが依存性等のマイナスより大きければその間は投与されることになります。実例に挙がっている薬品のリストの内容から、ここで言う「常習性」とは「習慣的に利用している」という意味だと考えます。ですから、いつも飲んでいる薬はこれに該当するものと認識して対応することが、トラブル回避の必須だと思います。

コメントを残す