建物を建てる時の注意事項等&よくある質問 建築士の法規の

建物を建てる時の注意事項等&よくある質問 建築士の法規の。法6条2項の方の意味は前者になりますが、補足にある設問は法15条1項の話と思われます。建築士の法規の質問です 建築基準法第6条2項の「防火地域及び準防火地域外」という表現は、「防火地域外と準防火地域外」なのか、「防火地域と準防火地域外」のどちらになりますでしょうか よろしくお願いします 建物を建てる時の注意事項等&よくある質問。建物の新築。増築。移転などを行うときは。工事にかかる前に「建築確認申請書
」を提出し。建築基準法に適合するかどうか建物を建てる敷地は。建築基準法
に規定する道路に2メートル以上接していなければなりません。 項道路
について建築基準法第条に基づく建築確認申請書の提出があったとき。敷地
内にブロック塀がある場合は。既存建物の状況を確認逆に。「防火地域。準
防火地域にある建築物で。外壁が耐火構造のものについては。その外壁を隣地
境界線に接して

確認申請を必要とする建築物?工作物?建築設備/裾野市。また。建築物以外の工作物であっても。高さがメートルを超える擁壁や高さが
メートルを超える広告板などは規定確認申請は。原則として面積に関係なく
必要です。ただし。防火地域?準防火地域以外の地域で。床面積平方メートル
以下の増築?改築?移転を行う場合新築は含ま都市計画区域内外を問わず,
法第条 第項 第一号, 建築基準法別表第い欄に掲げられた用途の特殊建築物
劇場。まちづくり課建築住宅係へのお問い合わせ。意見。質問

法6条2項の方の意味は前者になりますが、補足にある設問は法15条1項の話と思われます。つまり、法6条1項の確認申請の手続きは防火地域や準防火地域においては2項で除外はされず、10平米以内の増築?改築?移転でも必要となりますが、法15条1項の届出の手続きは建築する部分が10平米以内であれば地域に関係なく必要ないということです。ちなみに、これは建築法規の試験でよく出る引っかけ問題ですので注意しておきましょう。kamさんに一票詳しく解説なされています。要するに確認申請の要?不要の話ではなく、確認申請と同時提出する建築工事届の事だと思います。確認申請は知事に届出ではないです。確認検査機関や建築主事等に申請です。建築工事届の宛先は知事です。防火地域内の規定であれば法文に「防火地域内」と記載がありますよ。防火地域のみで内、外、内外、以外の判別は不可能でしょう。当たり前ですが、「防火地域外と準防火地域外」です。「防火地域と準防火地域外」なら「防火地域と準防火地域外」と書きます。及びという意味は両方っていう意味です。>建築主は、防火地域内において床面積の合計が10㎡以内の建築物を建築しようとする場合においては、原則として、建築主事を経由して、その旨を都道府県知事に届け出なければならないこんな設問ありますかって話ですが、何を誰に出すかっていう部分が違ってる場合はありますよ。「防火地域外と準防火地域外」ですね。防火地域、準防火地域は火災の被害を抑えることを目的にしています。なので制限がたくさんあります。このような地域外だとある程度規制は緩くなります。

コメントを残す