土地について 土地について 我が家の土地に隣人のブロック

土地について 土地について 我が家の土地に隣人のブロック。物件的排除請求権で相手若い夫婦に対して、収去の申し立てが出来そうですが、すでに追認そのお祖母さんが成立しているかもしれません。土地について
我が家の土地に隣人のブロックが埋まっており駐車場が平らにできません サイズは横に20cm高さ3センチ長さ60センチ程の長方形の形で工事されブロック自体を取り除かないと平たく できません
元々土地の所有者は目が不自由なお婆さんでブロックをどけてくれと言うと可愛そうだと思い(地中にあるため)我慢していました
一年くらい前に我が家を建てた不動産屋がお婆さんから土地を買い若い夫婦が住みはじめ私もその事は忘れていました
地面が汚くなってきたので塗装しようと思いその長方形の工事を思いだし不動産屋に直してくれとお願いしました
そしたら
費用がかかる
三年以上たっているから保証できないと言われました
頭に来ましたので、では隣人に撤去費用請求すると言うと慌てて電話を切られました
この場合不動産屋に保証してもらえないのでしょうか
また、隣人に請求可能でしょうか
宜しくお願い致します敷地内に隣人のブロック塀がある。先月。娘が家を立てるため更地の土地の売買契約をしましたが。市が埋めた境界
線杭に隣人の費用建てたブロック塀があり。契約時にその時に土の中に埋まっ
ている境界杭を見つけました。不動産瑕疵担保責任について相談があります。

境界に関するトラブル事例。境界に関するトラブル事例について。三井住友信託銀行グループの三井住友
トラスト不動産がわかりやすくまとめました隣地との境界付近にあるブロック
塀。下水管などの埋設物を設置するとき。あるいは造りかえる時に工事業者が
境界杭を飛ばしてしまった御隣との間にある当方の塀が境界線を越境している
と言われたので。越境部分の土地を購入し費用も支払ったが登記手続きを行なっ
ていない隣家との境界上に塀がある場合。隣家との境界線についてのご相談です。 2軒の分譲地で隣家はしかし。今日
確認したところ。隣家と我が家の土地境界線上にすでにブロック塀を建てている
ということをしりました。我が家の土地になる共有物であることの確認や管理
の方法等を取り決めておいたほうがよろしいかと思います。売主や仲介業者
から

隣家との折半フェンスについて。前の土地はサイドにしかブロックは打っておらず。後ろに面した我が家との間に
はうちのブロックのみです。地中に深くに埋まっているわけじゃないらしくて
上にブロック+フェンスを張っても???地震で倒れるって言隣地境界線で気をつけなければならない7つのことを解説。これから土地の売買をする。境界上に塀を設置したい。既に隣接地所有者と
トラブルになっているなど様々なごこの記事では。様々な境界トラブルを解決
してきたベリーベスト法律事務所の弁護士が。境界についての情報を自分の
敷地内に塀を設置する場合にも。隣接地には一声かけておいたほうが無難で
しょう。したがって。ブロック塀があっても。これが境界を示しているとは
限らず。別の方法で。きちんと隣地境界線を確認することが必要となります。

境界線の杭のことで困っています。大昔に我が家が新築する際に。当時の隣の家の了承のもと。境界線にそって
ブロック塀を立てました。土地の境界に隣接してる者同士が。互いに了承を得
て杭を打ち込むこととなりますので。適当な位置に打たれた境界杭について
お互いが納得すればブロック塀の端であった所有権界が境界杭へ移動する事に
なります。したいが。道路と隣地境界を隣家依頼者が負担で我が家を含めた
登記簿や地図に従った公平な「土地境界確定図」を土地家屋調査士が作成する土地について。いずれかを含む。土地について 我が家の土地に隣人のブロックが埋まってお土地の境界線付近に隣地の越境物。一般的には。ブロック塀やフェンス。物置。エアコンの室外機。出窓などが境界
線を越えているケースが多いわけですが。ほかにも地中における昔は。隣人
同士で工事費用を仲良く分担して。境界線を中心に塀を設置することが多かった
ようです。 当時は越境に関する協定書については。過去ブログの「土地の境界
標確認と越境物調査。そしてその解決法。前所有者から「越境に関する協定書
」が引き継がれていない場合は。あらためて作成しておきましょう

物件的排除請求権で相手若い夫婦に対して、収去の申し立てが出来そうですが、すでに追認そのお祖母さんが成立しているかもしれません。追認が成立してしまうと、取り除けないです。若い夫婦はお祖母さんの継承人になりそうですね。追認が成立するかどうかは存じませんが、すこしめんどくさい懸案ですね。不動産屋は基本的に関係無いです。お隣への請求は追認が成立しているか、でしょうね。引っ越しの時に言わないと。今から言えばあなたは嫌な隣人になりますよ。不動産屋さんが知らなければ保証する義理はないでしょう。義務もないでしょう。ただ、問題を知っていながら相手に伝えてなければ不動産屋さんに責任は生じます。まあお隣さんに相談してみれば?頭ごなしでなく、やさしくね。☆、不動産屋も自己利益があることや法的瑕疵があるもの以外、責任の回避をされて当然かと思います。貴方様に出来ることは、過大な費用でも、既存道路と宅地周囲との「土地の筆界や境界線の確定図」を近隣の土地家屋調査士事務所へ依頼をして境界線の確定することです。その同署名と捺印を得られなければ、法務局の筆界特定制度と次には、裁判所へ訴訟ができます。何れ確定をしないと是正は無理があります。

コメントを残す