企画ページ 1000文字程度の小説を書いたので感想とアド

企画ページ 1000文字程度の小説を書いたので感想とアド。何処にでもありそうなストーリーですね、アニメなら受けると思います。1000文字程度の小説を書いたので感想とアドバイスをください あらすじ

精神的に問題がある少年がある日を堺に天使と悪魔の戦争に巻き込まれ、理想の自分を手に入れるために悪魔と契約してしまう 彼は人間に憑依した天使を狩る事になったがその驚くべき方法は??? 悪魔の言いなりになり彼は次々と悪事を働きサイコパスと化していき周りの人間も巻き込んでしまう 彼の運命は??

第一部分

今日異世界にて大きな動きがあった

暗闇にそびえ立つ異質な形をした岩の上に黒い影を揺らしている悪魔達が居る

彼らは話していた

「人間共に取り憑くのは私達だ、なんとしても先を越されてはならない

我々が取り憑くのが困難とされていた複雑な造形物??人間に

我々は鍛錬の末に取り憑くことが出来る能力を身につけたが急がなくてはならない

今こそ人間界に降り立つのだ 」

彼らは人間界に向かって黒く大きな羽を羽ばたかせ飛んでいった

人間界ではそんなことも知らずある一人の大学生の村野 浩二が電車で帰宅していた

彼の前に座っていた奴が脚を組んでいてしかも彼に当たった

電車から降りた彼は駅の公衆トイレでお茶とトイレットペーパーをぶち撒けた

村野 浩二「くそが 」

彼は家に帰って徐ろにパソコンを開けた

いつもどうりネットサーフィンをしているとボーッとしてきた

そして目の前の視界が少しずつ暗くなっていくのを感じた

村野 浩二「あれ なにかおかしい 」

すると真っ暗になった

低い声で地に響き渡るような声、悪魔のような声だ 明らかに心の声ではなかった その低い声は彼に語りかけるように「願いを一つ叶えてやろう」と言った

村野 浩二「誰だ 」

悪魔「願いを叶える方法は天使を狩るんだ 君は我々に協力して欲しい」

村野 浩二「お前は一体??」

悪魔「天使は人間に取り憑いているものもいる

ただしその人間はごく普通に日々の生活を送っている 天使が取り憑いているか否か分かる能力を授ける

そして狩るのは人間であるお前にしか出来ない 狩る方法は取り憑かれている人間を殺すんだ やるか 」

村野 浩二「わかったやるよ この苦しみから逃れられのなら安いものだ 」

悪魔「一人殺るごとにお前は理想に近づく」

村野 浩二「何故こんな事をすすめる 」

悪魔「天使との戦争さ 」

視界は元に戻り、声も聞こえなくなった

彼は奇人なので、人を殺すこともなんとも思わない

村野 浩二「こんなことが起こるなんて???」

彼は興奮してその日はなかなか寝付けなかった

彼が翌朝通学中の電車の中で感じる奴が居た 天使が取り憑いていると感じる奴が居た

悪魔から授かった天使を見分ける能力は本物だった

村野 浩二「どうするあいつを殺すか??でもどうやって???証拠は残してはいけない

警察に捕まるからな」 続く 企画ページ。灰青の僕らに。希望の蕾を杏 うい後輩が結婚すると聞いたので冬至 春化
普通な僕の異世界転移 ?普通とは名ばかりの最強異世界人?ご飯のお供/江口蒼
透明な紫陽花 ?斯くして彼は殺人に至った?ぼなぁら龍血 ~1000年に

毎日更新の記事は1000文字くらいを目安にしよう。私もここ数日間。文字程度の記事を更新していましたが。読む方もサクサク
読めるだけじゃなく書く方も負担が少ないので双方書く人が最近増えている
小説の文字数による分類が気になったので調べてみたところ。なまこさんたちの雅な遊び。と書きこんだら結局捕まってわたしも参加することになったのである。これは
反省点なのだが。もとのの『作者人狼』に「書きたかったこと/欲しい
アドバイスを記す!」とあるのいやまあ。『しいたけ』さんの感想以降。なぜ
か社畜からの解放!この企画用に文字台に収めようとして書いてるからね
。「苦労して書いた小説はまったく読まれません。さて本題ですが。私は「小説家なろう」及び「カクヨム」にて「反逆正義」を
連載しておりますが。感想や最後まで読んでないので。02まで読んだ印象
だけを書いた感じで。物語や小説全体の話ではないことに注意し作者の自己
満足で書く会話文ではなくなる切っ掛けはその程度のもので十分だと思うので。
そのうち改善していくだろうと思います。マルチメディア展開とおっしゃる
のであれば。小説には小説の強みと弱みがあります。1000文字を費やし

要約。大学で本1冊を読んで要約&感想を書きなさいという宿題を出されたんですけど
。特に決められた文字数が無くて。重要な点をまとめてはいるもののページ
近くあるのでどうしても長くなってしまいます。分かりすると,著者がどんな
意図でその本を書いたかがわかってきます.やみくもに本新書の要約
についてアドバイスお願いします。学校の課題で本を読んで字以上で要約
と感想文を書かないといけないのですがどのように書けばいいの 哲学小説。小説記事や文章。コピーやネーミングの作成を。ライター?コピーライター
?クリエイターなどに個別で依頼するならタイトル+見出し2~3+まとめの
記事を2000文字程度で作成プロによるネーミング種類がまさかの
円!記事から依頼できますが。出品者によっては記事以上も依頼できる
ので。多数のライティングを一気に依頼したい例えば。現役のライトノベル
作家や受賞歴のある小説家に書いた小説を読んでもらい。感想?アドバイス?
校正をして

趣味で小説書いてる作者が集まるスレ。そのためには自己省察も必要だと思うしそういう部分でもアドバイスし合えたら
と思ってる この名無しまあ俺自身「小説を趣味にしたい」レベルの軽い動機
で書いてるから硬派なスレにはならないだろうけど この名無し書き始めて
年目に初めて最初からいましたファンですって感想きた昨日字書いた
読者も生活の一部になってくだろうし楽しく続けていこうプロローグで親子
ホモ展開かと期待して話開いたら「能力印」が出てきたので切った

何処にでもありそうなストーリーですね、アニメなら受けると思います。う~ん、ストーリー的にはラノベかな?ありきたりなないようではあるけど、登場人物にクセを持たせて、上手く立ち回らせれば続くかもしれませんね。ただ、天使と悪魔の戦いに巻き込まれた人間っていう設定、しかも悪魔に特別な能力を貰っているんですよね?天使を見つける能力だけですか?悪魔の力で、一時的に容姿を周りの人間から誤認させる能力やある程度の剛力人間を素手で捻り殺す力や相手の精神を一時的に支配出来る力などがあれば、物語に広さをつけられますね。王道でいくなら幼馴染みに天使を憑け、学園物としてもいけます。ともあれ先程も言いましたが、内容的にはありきたりな設定です。あまり奇抜なサイコよりも、コミカルなサイコの方がウケがいいかもしれませんよ?

コメントを残す