仏教ラウンジ 日蓮宗教学にお詳しい方で尊敬致します 教学

仏教ラウンジ 日蓮宗教学にお詳しい方で尊敬致します 教学。教学を研鑽するには、自力で書籍を読んで学ぶしか無いのでしょうか。日蓮宗教学にお詳しい方で、尊敬致します 教学を研鑽するには、自力で書籍を読んで学ぶしか無いのでしょうか ①自分の寺院のご住職は教学を学びたいなら、池上本門寺に教学の詳しい方がおられるので、そちらに行く事を勧められました 自分は創価学会退会者です 創価学会時代は教学学ぶ機会が多く、今は創価学会教学にネットで調べた、日蓮正宗教学の間違いを足している状態ですが ネットで調べた日蓮宗教学の本は専門家向けの本らしく何万円もする高額な書籍ばかりでした ②曼茶羅本尊には釈迦如来はじめ諸天善神、鬼子母神、日蓮聖人全て書かれているのに、何ゆえ祖師像、鬼子母神、大黒様、その他仏像安置の寺院、仏壇なのでしょうか ほとんどの寺院の本堂には曼茶羅本尊の前に祖師像が大きく置かれて曼茶羅がほとんど見えないんですけど 祖師様を拝んでいるようです 日蓮本仏では無いのに、疑問です 曼茶羅に全て書かれているのに、像が必要な理由がわからないので、教えてください いきなりで、誠に失礼だと存じますが、お願い致します 土の聖教:。教学研鑽に挑もう!〈紙上教学研さん 「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ〉第
9回 絶対勝利の信心〈上〉 谷川主任副会長 恩師から託された
。日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布の大闘争は。民衆を幸福へと導く崇高
な戦いです。その後。学生部で役職を頂いて学会活動に励むようになり。先生
の指導を学び。実践するようになって。先生の広宣流布の指導今。世界中で
創価の同志が。池田先生を師匠と仰ぎ。世界広布にまい進しています。

日蓮正宗教学研鑽所。日蓮正宗教学研鑽所は。日蓮大聖人の教義や仏教学。宗史など。様々な研鑽を
おこなう機関です。新型コロナ感染症の流行に伴う諸般の事情により。本年度
の教学研鑽所発表大会は開催を中止いたします。 カテゴリー お知らせ新着記事一覧。教学の小部屋の全記事中ページ目-件の新着記事一覧ページです。
菩薩界」のおこないを実践する方は。日蓮思想に限らず。キリスト教徒であれ
宗教に関係ない世界であっても多くみられます。十界論の各セクション
についての詳しい解説は教学のテキストにお願いすることにして。ここでは「十
界論」の基本的な考え方を扱います。を批判される方は。本当に素晴らしいな
と尊敬しますが。残念ながらまだ。文献に基づいて理路整然と批判される記事を
お見かけする

うちで過ごそう:教学の本を買って。日蓮大聖人様の仏法って。結局のところ何?って聞かれると。答えに窮し
ますよね。 法の一字について。第六十七世日顕上人は『妙法七字拝仰』に。 「
法とは梵語の達磨の訳である。その性はそれが存在する上に。戸田先生のご指導。主に日蓮大聖人御書全集創価学会版の研鑽によって個人的に感じた事などを
書き綴っていきます。法華講は。よく戸田先生のご指導を引用して。日蓮正宗
の正当性を主張したりしますが。御書に基づいて主張創価学会と日蓮正宗が一
つの和合僧団として広宣流布を目指して前進している時に。創価学会の会長が
宗門擁護の主張をするのは。あたり前の話しで尊敬される資格もないくせして
大聖人の御袖の下にかくれて尊敬されたがって居る坊主は狐坊主だ。

このブログについて。このブログでは。座談会御書を中心に日蓮大聖人の御書を研鑽し記事と動画で
発表しています。 当会の目的は。できるかぎり多くの人にとって。わかりやすく
感じやすい。御書のひもときかたを習得して。教学を学ぶ喜びを仏教ラウンジ。日蓮宗では 岩波仏教辞典 『摩訶止観』 日蓮宗宗定法要式 衆生無辺誓願度 衆生
無邊誓願度 衆生無邊誓願度 煩悩無尽誓願家ではありませんので。詳しいこと
はわかりませんが。日蓮と道元に何となく共通するものがあるように思います。
天台密教では「五大願」だって^^; 明白ではないですが。浄土真宗も使用され
てあったような気がします — 詳しい方[テーマ討議ラウンジ]。今回は「伝統
教学仏教学」 賢い人を尊敬することは現代の日本でも残っているように
思います。

教学を研鑽するには、自力で書籍を読んで学ぶしか無いのでしょうか?私は基本的に独学です。お上人に教えていただいたこともあるにはありますが、人間関係が出来ないと僧侶に聞くのはむつかしい気が。①お上人にそう言われたんでしたら、それをお勧めします。一番良いことです。「紹介いただいた」と言えば教えてくれると思います。ただ、あなたが学びたいのが?日蓮上人の信仰?法華経の信仰?本来の仏教どれであるかも大事だと思います。ここでは「日蓮上人の信仰」を前提にしたいと思います。あと、創価学会、日蓮正宗で学んだことは全て捨ててください。一切全てです。この先入観が上記の学習の弊害になります。「読んではいけない」のではなく、読むと先入観が邪魔するからです。創価学会、日蓮正宗の知識は全て捨てます。日蓮上人の歴史一切から他の一般書籍で学び直しです。それほど、大石寺は嘘が多いからです。創価、正宗の書籍は基本的に役に立ちません。御遺文集御書も偽書や未決書がかなりあるためです。御遺文集を使う場合は、その都度偽書でないかお調べになったほうがいいです。日蓮遺文を読むなら、これをお勧めします。他に私がお勧めする本は「日蓮宗読本」です。ヤフオク等で安く買えます。岩波文庫の「法華経」上中下三巻も良いと思います。サンスクリット語邦訳と鳩摩羅什漢訳が対照できるのでとてもいいです。それに、安いです。②日蓮上人が曼荼羅に書いた諸天善神は、代表的なものだけです。本地垂迹といって、法華経を本地とするかぎり、あらゆる菩薩はみんな諸天善神です。法華経を守護する誓いを立てたのは、十方の諸仏つまり地涌の菩薩だからです。鬼子母神、大黒天、七面大明神、その他何を諸天善神にしても勧請しても構わないのです。理屈の上では、イエスさんやムハンマドさん、マリアさんなどを入れても構わないのです。ですから、日蓮宗門徒は神社だろうが教会だろうが、法華経を本地とした垂迹であるかぎり、何を拝んでもいいのです。ちゃんと根拠があります。祖師像が邪魔で見えなくてもいいのです。曼荼羅が見えるかどうかでなく、お題目の力を信じているかどうかが問題です。曼荼羅を仏様の代わりに「ここにお釈迦様がいらっしゃるんだ」と思って拝むことに意味があります。別に曼荼羅が見えてようがなかろうが構いません。「像」ですが、これは曼荼羅の代わりです。文字曼荼羅のうち、お題目、お釈迦様、多宝如来、および四菩薩が像になっただけです。表現している意味は同じです。諸天善神は像に含まれてませんが、本尊を中心として、その外にある菩薩や神々は全部諸天善神なので、意義は含まれています。日蓮上人はどうして曼荼羅で本尊を表現したと思いますか?極貧の上人でも、墨と紙が用意できたからです。像を造るにはお金がかかりますから。紙に漢字で曼荼羅を書くことと、像に彫ることと意味に違いがありますか?表現している「法」が同じなら、その手段は別に違っていて良いのです。ですから、文字曼荼羅も一塔両尊四士、両尊四士、一尊四士、一塔両尊、どれも意味するところは結局同じです。

コメントを残す