ポリスの変容 スパルタを中心に同盟を結んだポリス軍をなん

ポリスの変容 スパルタを中心に同盟を結んだポリス軍をなん。「ポリス軍」ではなくて「ポリス群」なら「ペロポネソス同盟」です。スパルタを中心に同盟を結んだポリス軍をなんと言いますか 教えてください ペロポネソス同盟とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – ペロポネソス同盟の用語解説 – スパルタ
を盟主とするギリシア最古の攻守同盟。個別の軍事条約が前世紀にスパルタを
中心として組織化され,エリス,テゲア,コリントをおもな加盟国に含み,
アルゴス性格は本質的には防衛的な軍事同盟で,スパルタは戦場での同盟軍
指揮と同盟会議招集の権利はもっていたが,同盟スパルタは。紀元前年
ごろテゲアと同盟を結んだのを手始めに。多くのポリスとの同盟関係を積み重ね
。前世紀末にギリシア世界用語。前5世紀前半のペルシア戦争はポリス民主政の危機であったが。重装歩兵戦法や
三段櫂船を駆使して勝利し。戦後の古代ギリシア人は地中海での植民活動が
活発であったが。中世でもギリシア商人は東地中海を中心に貿易活動を行った。
ペルシア戦争ではスパルタの陸軍がテルモピュライの戦いでペルシア軍に敗れ
レオニダス王が戦死し。海軍力を主としたエーゲ海周辺のギリシア諸ポリス
都市国家が。ペルシア帝国軍の来襲にそなえて。アテネを盟主として結んだ
同盟。

ポリスの変容。アテネの強勢力に対抗して。スパルタを盟主に強化された軍事同盟を何と呼ぶか
長期にわたるポリス間抗争で市民の没落が進むと。市民皆平
の原則が崩れ。何が軍の中心となったか マケドニア王国カイロネイアの戦い
の翌年。マケドニアが盟主となり。スパルタを除く全ポリスと結んだ同盟は何かペロポネソス同盟。スパルタがペロポネソス半島内の諸ポリスとの間に結んだ攻守同盟。古代
ギリシアの代表的ポリスであるスパルタは。前6世紀までに軍国主義を確立させ
。強大な陸軍を主体とした市民戦士団を同盟の本部はアポロン神殿のある
デロス島に置かれたが。その主導権はアテネが握っており。アテネを中心とした
軍事同盟

ペルシア戦争とは。テルモピュライという土地で。スパルタ王レオニダスを中心としたスパルタ軍が
ペルシア軍と戦います。しかし。この結果。なんとテミストクレスはギリシア
連合艦隊をまとめあげ。ペルシア艦隊を打ち破ってしまいます。ペルシア戦争
のためにアテナイ主導で締結されたデロス同盟では。経済的結束による同盟関係
とは言いつつも。実態は同盟を結んだポリスたちの支配でした。

「ポリス軍」ではなくて「ポリス群」なら「ペロポネソス同盟」です。

コメントを残す