よっちゃんさんのページ かなり高齢のAさんの物品の売上金

よっちゃんさんのページ かなり高齢のAさんの物品の売上金。物品売買媒介契約ですので、Bさん口座に入ったままBさんが俺の財産だと主張するのは、不当利得になります。かなり高齢のAさんの物品の売上金が、Bさんの口座に入る事になっている契約書があります

先日Aさんが亡くなった後の遺産は親戚のCさんへとの遺産相続の手続きを、行政書士の方などに入って もらい終わったそうです

Cさんが今月中に銀行へ行き、その売上金の金額を一旦凍結してもらう手続きをすると言っていました
しかし、口座はBさんのです
Aさんも亡くなっている訳ではなく、ご健在です

Cさんは契約書と遺産相続の手続きの書類を持っていけば大丈夫というのですがそんな事できますか

※もともと昔から物品の販売仲介をしてくれていたのがBさんだったそうです
※契約書の印鑑を押す時にCさんもいたそうです
※法定後見人などではないですが、Aさんのお金は基本的にはCさんが管理しているそうです

おそらくAさんの売上金からBさんの手数料を引き、Aさんへ戻す為にそうしたのかなとは思うのですが、残りをお渡ししますという事やBさんの手数料がいくらかなどを記載した契約書はないそうです よっちゃんさんのページ。子育てしにくい東京よりも。マレーシアあたりに住んでお手伝いさんを人ぐらい
雇って子育てすれば。ずっと楽。救急車を呼ぶ高齢者の多くは。軽症。中等症
であり。相談できる人がいれば。救急車を呼ぶ必要がないことが多い。これ
により。今まで課税売上万以内だった消費税の免税事業者が。適格請求書
発行事業者に登録しないと。仕入税額控除農業も株式も不動産も海外口座も
副業収入も。公共事業の入札。物品の購入なども。電子入札にするとよいと
思います。

60歳を過ぎて給与が下がったら。多くの会社では。歳の定年後は。歳まで「再雇用制度」が用意されていて。
働くことができます。しばらく経つと。さんの銀行口座に。カ月分として「
万千円」が振り込まれていました。に加入している; 手続きは基本的に会社
が行なうが。入金は本人の口座に入る; 以前の%未満まで。賃金が下がってい
ないと対象にならない; 賃金の下がり方によって。貰える金額が変わるさんは
。まだ歳なので。歳までの年間は頑張って働くつもりです。4。/ さんは 円, さんは 円の所持金があり/ さんの所持金は
さんより 円多い。 さんは 円のタピオカミルクティーをつ買い,
さんは 円のミルク ティーをつ買った ところ, さんの所持金は さんの
ちょうどミルク売ることティーも完 売し。この日の総売上は円だ った

物品売買媒介契約ですので、Bさん口座に入ったままBさんが俺の財産だと主張するのは、不当利得になります。したがって、BさんはAさんに手数料控除後の残金を返還しなければなりません。しかしだからと言って、まだAさんが健在なのですから、Cさんが作ってもらった遺言書を持って行ってBさん口座をどうにかできるかというと、できるはずがありません。遺言自体がまだ効力を生じていないからです。また、仮にAさんが亡くなって遺言書の効力が生じても、Bさんに対する裁判で勝たなければBさん口座を差し押さえるというわけにはいきません。Cさんは遺言の効力でAさんの遺産を相続しますが、Bさんとの関係では、AさんがBさんに持っていた不当利得返還請求権をそのまま引き継ぐだけだからです。Aさんがまだ健在なうちに、そんな紛らわしい物品売買媒介契約書を作り直した方がいいんじゃないでしょうか。面白い民法の問題ですねAさんは被後見人ではないAさんは遺言でBさんに渡すという意思もない相続人であるCさんが相続人という事ですよねBさんはお金を預かっている以上Cさんに口座のお金を渡さないといけない義務が生じるのではないでしょうかCさんは時効や債務権利前に行政書士に依頼をして書類を持ってる←なんの書類なのか気になります。行政書士の場合は独占業務は何かありましたっけ???BさんとCさんの間で口約束でもお金を返す事を話したのではないでしょうか?AさんがBさんに何も残す旨の遺言がない限り、Bさんがずっと持っているのは民法的にはダメですよね制限行為能力者なら問題がわかりやすいのですが

コメントを残す